新着情報

2020年12月31日

大晦日の里山

令和2年12月31日里山ステーション


おはようございます。寒い大晦日の朝。思ったほどの着雪はなく、トンネル道路も凍みてませんでした。
これから蕎麦屋開業します。

今年はコロナ感染症拡大防止のため自宅でじっと年越しを迎える方がほとんど。
そして、昨夜からの暴風雪警報。
事故無く暖かくしてくださいね。

2020年12月28日

今年もありがとうございました

本日をもって、令和2年の営業を終わりといたします。
今年もありがとうございました。
巷は新型コロナウイルスが吹き荒れています。
みなさま、感染防止に留意され健やかに新年をお迎えください。

なお、里山ステーション俵山の開館と当法人の業務は明日から1月3日までお休みとさせていただきますが、12月31日は朝10時から昼2時まで年越し蕎麦屋を営業します。うちの理事=そば打ち職人が打つ蕎麦をお楽しみください。

1月4日(月)から、食の自立支援事業と配食サービス、それにデマンド運送(公共交通空白地有償運送事業)も開始します。すでにご予約を頂いていますが、4日から運送開始を知らない方が多かろうと思います。

地域版デイサービス事業のしあわせくらぶ俵山は、翌週の12日(火)からの始動です。

俵山スパスタジアムは4日から人工芝グラウンドでサッカーの利用がはじまります。ラグビー、サッカーはこれからがクライマックスですものね。

スクールバス運送事業は5日の公務始めで部活動が始まり運行開始します。また、冬休み期間ですが6日と7日は中学3年生が登校日。8日が始業式ですね。

里山朝市は10日の日曜日。1月から3月までは9時からの開始に時間を変えています。
1月の朝市メニューは、野菜販売、手打ち蕎麦、石窯ピザ、出張整体サービス。
元気な顔でお待ちいたします。

30日から元旦にかけて大寒波の訪れが予想されます。体調の維持に加え水道管凍結予防やお車の運転に足回りの点検、積雪による停電に備えた灯油の準備などを今のうちにお考えください。
こどもたちは雪だるま、おとなたちはこたつだるまのお正月になりそう。くれぐれもご自愛くださいませ。

令和2年12月28日
事務局 松岡 慎治

2020年12月26日

あっちゃらこっちゃら俵山カレンダー

あっちゃらこっちゃらカレンダー

俵山公民館が製造した2021年カレンダーのタイトルが
あっちゃらこっちゃら俵山

このブログで紹介する月めくりカレンダーは、俵山のマスコットキャラ、「ゆずきっちゃん」と「さるビー」があっちゃらこっちゃらお出かけしてるの。色鉛筆で描かれた福永さんのイラストは、俵山らしさがにじみ出てて抜群にいいのよ。お出かけ先の施設や公園などの解説までついている。

あっちゃらこっちゃら俵山カレンダー2021


カレンダーは2種あり、卓上と壁掛けタイプ。壁掛けタイプはA4です。画鋲でカレンダーに穴をあけないよう、吊り下げられるクリアファイル入り。公民館担当者のいちおしアイデアです。

限定製造と聞いたけど、どうだろう。
お問い合わせは、俵山公民館の林さんまで。
電話は0837-29-0063
もしくは、里山ステーション俵山の松岡でも結構です。
電話は0837-29-5070

2020年12月23日

令和3年1月の配食カレンダー

202101配食カレンダー里山ステーション俵山


日替わり弁当製造日とメニューをまとめた表です。
加密列パン等製造日
ベジふるトレインサンドイッチ製造日
里山調理パン製造日


年末年始の里山ステーション俵山休館日は、
令和2年12月29日から令和3年1月3日まで。
ただし、12月31日は年越し蕎麦屋を営業しますから、夕方までお電話取れますよ!

お弁当は前日までの予約製造。

加密列さんのパンはホームページをご覧ください

ベジふるトレインさんのサンドイッチは製造日に里山ステーションで販売しています。

202101ベジふるトレイン

火曜日の里山スタッフが作る調理パンは限りがございますのでお問い合わせください。


メールu-u-green@hot-cha.tv

2020年12月21日

ゆうゆう便り 2021年1月号

ゆうゆう便り2021.1月号


大晦日に蕎麦屋を営業しますが、里山ステーション俵山は12月29日から1月3日まで休館日。
この期間は職員が駐在しておらず電話対応ができません。
恐れ入りますが、蕎麦のお問い合わせやご注文は28日までにお願いします。

本紙1面に藤永代表の似顔絵を掲載しました。
仙崎で浜茶屋三貴を営む「かずにい」さんの紹介があって、大分から似顔絵アーティスト、SATSUさんにお越しいただく現代国際巨匠絵画展は1月30日から3日間の開催。

インターネットが発達し、どこにいてもある程度の情報は得ることができますが、俵山のような田舎に住んでいると圧倒的に欠けているのは音楽や絵画など本物の芸術に触れる機会ではないかと思います。そんな不公平を少しでも和らげることができればと絵画展を開...

藤永 義彦さんの投稿 2020年12月2日水曜日


わたしも会場のお手伝いに行きますので、描いてもらおう!