新着情報

2023年12月06日

森林の管理

「林業サポーター確保研修」に参加して感じたことをつらつらと書いてみます。

森林は日本の国土の7割。長門市に限ると75%に及ぶと聞きます。
その約9割が私有林です。
数年の間に俵山地区では各所で伐採が行われてきました。
奥深い森だけではなく、県道に面した山も地肌が見えるようになりました。
伐った後はどうするのだろう。
どうやって森をつくるのだろう。
このままだと雨が降ったら崩れてしまう。
疑問がたくさんありました。

近年の伐採が増えたことには、複数の理由があります。
昭和30年代に植林されたスギやヒノキが46年経って収穫時期を迎えた頃、木材の需要は減り材木相場が下がった事。
植林して売り時まで46から50年。
養殖魚は1年から2年で出荷と言われます。
米や野菜は1年以内。
果樹は遅いものでも10年後に収穫できる。
木材はこんなに長い。
50歳で植林したら生きてるうちに収入は得られないのです。

当然の帰結として人工林を管理する従事者が減少してきました。
そこに、コロナ下で起きたウッドショックによる価格高騰が到来したため売り注文が殺到します。
その結果、伐採面積が急激に増加し植林が追い付かない状態なのです。
現在の俵山の景観に現れています。
このまま放置すると水の循環が崩れます。大水害、大渇水が起きます。
カーボンニュートラル達成に参加するひとつのきっかけとして、林業サポーターバンクを知ることもありでしょう。

今日は植林現場の現実を見ることができました。
機械ができることはわずかな作業。
人の作業を多く残しています。
夏場の下草刈りと獣害対策は軽作業と言えないもので、あらゆる世代の労力に声をかけられる内容ではありません。
出来ることから始めよう。
posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 17:17| 猿人ブログ

2023年11月17日

長門市は車で回ったほうがよい

 安全運行管理者に義務付けられている講習を受講してきました。最近の道路交通事情の講義の中で出てきたのが、タイトルの「電動キックボード」。長門市のようなローカル地域では見かけませんけれど、都市部で交通事故が増えてきています。道路交通法が7月に改正施行され、構造上の要件を満たすものは特定小型原動機付自動車になりました。
 
 道路で使用するには、ナンバープレートの取り付けが必要で自賠責保険加入が義務となります。16歳以上の方なら運転免許がなくても乗ることができます。ヘルメットの着用は努力義務。飲酒運転は勿論やってはいけません。販売価格は電動アシスト自転車と同等か若干高いです。山口県では相当な車両数が登録されているのかと思えば、講義のあったの日現在で僅か8台。県下最大の人口を有する下関市はゼロ台数とのお話しです。やはり高齢化に伴い自動車社会が加速している山口県。キックボードを通勤手段にするものは居ないと断定できそうです。

 山口県市町村別の登録台数を知りえませんが、観光都市の萩市が多いのでは。というのは、レンタルでキックボードを貸し出しているからです。

萩ふくやさんです。

 着物をレンタルしてキックボードで城下町を散策する企画です。萩市内は起伏がそれほどありません。碁盤の目に道路が交差しますから、自転車よりもキックボードが便利ですよね。立地にマッチした乗り物だと思います。長門市はどうでしょうか。観光地を巡る場合、元乃隅稲荷にしても俵山温泉でも、市街地から10キロ以上離れた上に登らなければなりません。電動アシスト自転車でも躊躇するするほど分散しています。
 やっぱりレンタカーが便利。事業者は多くありませんが紹介します。

YUKUTE
 道の駅「センザキッチン」の一角にある観光案内書のYUKUTEさんです。ワゴンRとハスラーが各1台、料金は1日6,600円。

おとずレンタカー
 長門湯本温泉の駐車場のレンタカーは外車のルノー、アウディ、ミニと日産ノート。料金はノートが1日7,000円、外車は25,300円。

 長門市内全域に「のろっちゃ(デマンド交通)」が運行しています。交通空白地有償運送のことです。この「のろっちゃ」は市内を地域割りしていて、その区間内でしか運行が認めれれていません。しかし、制度を利用して地域をまたぐ観光客を輸送できないだろうか。例えば、湯本から俵山、俵山から元乃隅へ、それぞれの「のろっちゃ」事業者がリレーするのです。安価で利用できる循環バスの計画を謳う為政者がおりますけど、現実的に考えると供用を始めている「のろっちゃ」を使う方が費用は掛からないと思いますけどね。

posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 12:22| 猿人ブログ

2023年01月01日

ゆうゆう便り1月号

2023年、あけましておめでとうございます。
本年はみなさまにとって、良い1年になることを心よりお祈り申し上げます。

では、ゆうゆう便りの1月号をご案内します。
コチラからご覧ください。
posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 00:00| 広報紙 ゆうゆうだより

2022年03月12日

干支かざり

季節が過ぎてしまっての投稿をお許しください。

年が明けてしばらく、里山ステーションの玄関ホールに正月飾りがあって、干支の置物は丑でした。デイサービスの利用者が一昨年の暮れに作った折り紙の丑、そう、干支だけ年が明けていなかったのです。

お雛様の季節になっても丑がでーんと鎮座。あまりの扱いに見かねた地域の方が、これをお使いなさい。

干支マスコット.JPG


posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 00:00| 猿人ブログ

2013年01月07日

里山ステーション俵山

長門市 里山ステーション俵山について

・アクセス
   山口県長門市俵山4497番地
001.jpg

002.jpg


・利用料金

   室名         区分 利用料金
 多目的交流ホール    1時間 400円
 郷土料理体験室     1時間 300円
 菓子製造室及び梱包室  1時間 300円
 談話室         1時間 200円

※午後5時以降の利用については、定額の5割増しとなります。
※冷暖房を利用するときは、1時間につき150円増しとなります。

・開館時間
  午前8:30~午後5:00
・休館日
  12月29日〜翌年1月3日

・施設利用にあたって
  ・この施設は交流の拠点として誰でも幅広く活用することができます。
  ・施設を利用される場合は、あらかじめ使用申請書を最山ステーション俵山に提出
   し、許可を得てください。
   中止の場合も早めにお知らせ下さい。
  ・施設の備品等は無料で使用することができますが、利用した場合は、きちんと元の
   場所に戻して下さい。
  ・施設内は全面禁煙です。
  ・施設の管理運営は、指定管理者制度に基づきNPO法人ゆうゆうグリーン俵山が
   実施しています。

・施設レイアウト、詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。

○長門市里山ステーション俵山条例

○長門市里山ステーション俵山条例施行規則


posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 21:20| 基本情報