2022年12月01日

ゆうゆう便り12月号

ゆうゆう便り12月号は、こちらをクリックしてご覧ください。
↓↓↓
ゆうゆう便り12月号クリック

最終ページに「ふるさと宅配便」のチラシを付けました。
この製品は、当法人のスタッフが厳選した俵山の産品詰め合わせです。

冬の俵山の贈り物の定番、「自然薯」は3年前からなくなりました。生産者が高齢のため自然薯栽培をやめたからです。今年は「俵山味噌」がなくなりました。加工センターそのものが解散したためです。豆腐と味噌を作ってきた加工センターが稼働しなくなりました。
 ここの俵山味噌を使い製品を作っている「しし汁のフリーズドライ」は、来年以降どうなるのでしょう。俵山味噌を再現するか、他の味噌を使うか、もしかすると最後の俵山味噌の味が楽しめる商品になるかもしれません。
 実は、数日前に里山ステーションへ俵山味噌を買い求めに見えたお客様がいらっしゃいました。事情を話してご理解を頂きましたが、この方は以前に食べた味噌の味を覚えておいでで、遠くからお越しいただいたものです。手づくりの米味噌、長い間製造されていたので愛好家は大勢いらっしゃいます。
 最近の動きですけど、加工センターの施設を使い豆腐を再び作るようなプランが進行しています。詳しいお話はまだできませんが、ここに味噌を加えてもらえることを願っています。
 「ふるさと宅配便」のセット商品にお野菜のゆずきち果汁漬けピクルスが加わりました。この製品は俵山で起業している女性がつくったもので、原材料はすべて俵山産。恐れ入りますが、さつまいも、柿のどちらかをご指定下さい。常温で出荷するため、人気のあるジビエ製品をセットできないのが無念です。鹿肉のソーセージ、個人的に大好物なものでお勧めなのですが。

2022年11月01日

ゆうゆう便り11月号

ゆうゆう便り11月号をアップしました。
こちらからご覧ください。

秋冬の果物、栗、柿、長門ゆずきち、柚子、今年はみんな少ない。
ゆずきち以外は管理されていない果実の樹木だから、裏年と言ってかたずくのだけど、ゆずきちまで少ないのを見ると、気候が原因と考えられます。お米は豊作でしたね。果実によってはダメージを与えた気温だったのかもしれません。

2022年10月08日

ゆうゆう便り10月号

ゆうゆう便り10月号をリンクからご覧いただけます。

デマンド交通の愛称が決まりましたね。一般公募から「のろっちゃ」が採用されて、新しいマグネットステッカーが届いています。

「デマンドに乗ろっちゃ」



2022年09月01日

ゆうゆう便り9月号

ゆうゆう便り9月号をアップロードしました。

 9月は稲刈り、地区合同体育祭、各種お祭りの行事が重なるのですが、感染症の拡大をうけて地区の合同運動会が中止となりました。この3年間は非開催となります。
 楽しみにしていたやきとり祭り(湊市場)も中止の発表。中旬以降、俵山でいくつか祭りがありますけど、状況により開催が再考されるかもしれません。

2022年07月31日

ゆうゆう便り8月号のご案内

ゆうゆう便り8月号

リンク文字をクリックするとPDFが開きます。

7月が過ぎ、明日から8月。毎年のような異常気象に悩まされますね。
今年は6月が暑くて、7月はぐずぐずした空になりました。
8月はどうなんだろう。

お盆の15日、俵山温泉街で納涼祭が行われます。
去年の納涼祭は雲行きが怪しかったけど、降らずに開催できましたね。
その前の年、温泉閣で行った日は台風が接近中でしたから、盆の前後はカラッと晴れることが少ないのかもしれません。

本紙で紹介しておりませんが、9月は大きなイベントが計画されています。

saru・サル

リンクのインスタグラムで出店者の紹介が行われています。
会場は俵山温泉の温泉閣と、旧俵山中学校校舎。
温泉街のイベント情報は、地域おこし協力隊の岩田さんが情報を発信中です。




2022年07月10日

ゆうゆう便りの紹介

まとめて公開します。
5月号
6月号
7月号

2022年04月01日

ゆうゆう便り4月号

ゆうゆう便り4月号はこちらからご覧ください。

年が明ける前の2021年から、俵山に移住する方がいるというはなしがチラホラ聞こえていた。
この数年の移住者と言えば、われらが仲間のハンター中野博文さんや、その奥方である中野美千子さん。
そしてこの紙面で紹介できなかったカップルが、この春、萩から移住。
彼女とは数年前から仕事で交流があったが、私の職場が変わったのと同じくらいに彼女も新天地に向かい、長門をしばらく離れていた。その後、萩を拠点に活動を続けていたのだが、集合場所が俵山になるとは想像できんかった。

そして、紙面ではSD−WORLDの藤永代表がルイくんを告知。この話も21年末からだった。大学教授を通じ、研究を目的に俵山で長期滞在させてみたいという。ルイくん本人からの問い合わせや相談もあった。フランス国籍の留学生だが、日本語がうまい。話すのも書くのも達者である。会えるのが楽しみです。

ほか、2件の移住問い合わせが届いている。なぜ、いま、俵山なのだろうか。市内の移住先進地は向津具半島。俵山は当社が過去、お試し暮らしの宿を運営し移住希望者に土地を知ってもらう活動を行った。現在、この宿は前述のSD−WORLDがゲストハウスねる山として開業している。いろいろな温泉街活性化イベントも仕掛ける。

訪ねやすい街に変わってきているのだ。それは街の良さもあるだろうが、やっぱり、ここに暮らしている人の魅力、例えば藤永代表であり、ハンター中野さんであり、寿楽さんだったりする。
長いこと愛されてきた俵山豆腐と俵山味噌の製造が先月で終わった。愛されて買われてきたと思いたい。しかし、売上の減少、原料の高騰に耐えられなくなった。俵山に新しい人が来ると、なくなってしまったものが形を変えて再生できるんじゃないだろうか。

2022年02月28日

ゆうゆう便り3月号

YOU遊だより


ゆうゆう便り3月号はこちらをクリックしてご覧ください。

2022年02月07日

ゆうゆう便り2月号

ゆうゆう便り2月号はこちらをクリックしてご覧ください。


2022年01月01日

ゆうゆう便り令和4年1月号

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

では、本紙1月号をご案内します。
ゆうゆう便り1月号