2010年03月25日

ふと想うこと…


先日、反抗期真っ最中(1年中)の次男と一緒に早朝マラソンをした。もちろん俵山に嫁いで15年。初めてのことだ。初日、ただ家の周りの田んぼ道をぐるっと走っただけなのに息切れがした。行きは喧嘩したあとの無言の空気。ガードレールにタッチして、来た道を帰ろうとして走らずに歩いた。『あ〜、何か気持ち良いよね』透明の透き通った山水。まだ霜が完全に溶けきれてない若葉。何か遠く聴こえてくる響き。『さぁ、もうちょっと走ろうか。コレは食べれるネギやね。ふきのとうもちょっと大きいけど食べてみようか』 2人で帰り道、食材をポケットに詰め込んだ。 俵山の自然が仲直りさせる。その夜、ネギとふきのとうは食卓に並んだ。 子供たちは町の生活を知らないが、自然は科学だと教えられた私は俵山ほど素敵なお城は無いと確信している…

T&YのYより