2024年01月22日

どんど焼き

 1月は正月気分もそこそこに、受験生はいくつかある関門を開けて通らねばなりません。受験といえばお守り、お参り。交通安全、新車、新築の祈願、祭りごとの縁起物など家庭には何かしらございます。正月飾りもそうです。神様を迎えるための飾り物を燃えるゴミ袋に入れて処分することに抵抗を感じない方もいますが、粗相があってはいけないから昔ながらの儀礼に従いたいと願います。

 20日土曜日、かねてより告知してきたどんど焼きを行いました。集まった住民は関係したスタッフを含めても30人に満たない。正直に申し上げると意外な結末です。10年くらい前まで湯町地区で行っていたとの話しを複数から聞き、今年は復活、再開のどんど焼きだから楽しみに待つ住民が集まると勝手に盛り上がっていたのです。俵山はどんど焼きの風習を忘れてしまったのかと疑いました。

 初詣参りの神社では、一角に縁起物を預ける場所を設けているところがあります。長門市は節分祭でどんど焼きをするところがいくつかあり、深川の飯山八幡宮や仙崎の八坂神社がそうのようです。俵山各自治区には古い小さな祠が残っていたり、木津の西念寺、郷の能満寺、正福寺、上政であれば須賀神社、湯町の熊野神社など厳かなスポットが点在します。筆者が知らないだけで、自治区単位の祭りに、どんど焼きの役目を含めているのかもしれません。

 年のはじめの書初めを燃やして天高く舞えば字が上達し、さらには賢くなるとの言い伝え。ですが最近の子どもたちに話を伺うと、「一心不乱に書いたものを燃やすなんてひどい話しだ」と返ってきますから、伝統行事だからと押し付けることはよくありませんね。復活させた今年のどんど焼き、お互いが所作、作法など右往左往です。気が付けば小雨がときおり落ちる空は鈍色で火から離れると肌寒い。あったかいものを来年は提供しようねと話しました。おしるこ、甘酒などがあれば集まった住民は喜ぶだろうな。


posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 15:00| イベントのレポート