2021年01月22日

桜天狗巣病の駆除作業

薄桃色の花びらがが満開になる3月下旬からしばらく、俵山の県道沿いは満開の桜で行き交う人を迎えます。
NPOが中心となって街道の桜を手入れしています。
毎年2月下旬、桜天狗巣病に罹った枝を伐採駆除。
枝が伸びて走行中の車両の妨げにならないように配慮。

県道の桜は広範囲にわたります。
一度にすべての樹木を手入れすることはできません。
毎年、エリアを決めて取り掛かります。

今年は2月28日が作業日。

令和2年の桜天狗巣病駆除作業