2020年12月10日

俵山の小さな拠点

小さな拠点づくりについて、最新のアンケート調査報告書を読み感じたこと。
小さな拠点という言葉は馴染みが薄いかもしれません。


俵山でこのキーワードが何を指すかというと

まず平成28年に事業着手された俵山・豊田道路

そのインターチェンジが温泉街の近くに作られる、らしいこと、

そこに行政、金融機関、直産品販売所などサービス施設をひとつにまとめて、小さな拠点として整備していく方向性を示されました。

報告書は全10頁、設問は多くないけど、記入式の回答を求める内容がたくさんあり読みごたえがあります。

いくつか、「おっ!」的な調査結果が見えてきました。

旧俵山中学校校舎の再活用を求める声が聞こえる
小さな拠点に欲しいものナンバーワンはコンビニストア

具体的なリクエストとして、ドラッグストア、コインランドリー、精米所(俵山らしい!)。
俵山にコインランドリーが無い。分かっていたけど見落としていた。誰かコインランドリー作らんかね!