2024年02月27日

俵山しゃくなげ園と八女市星野村ミヤシノシャクナゲ園

 先ごろ、ミヤシノシャクナゲ園を管理されている組合の方々がお見えになった。俵山のしゃくなげ園とミヤシノシャクナゲ園の誕生から現在に至るまでの軌跡が似ている。それぞれの園は、個人がしゃくなげを所有地に植えて育てることから始まる。俵山は金川鐵夫さん、星野は田辺道康さんである。
 生前、田辺さんはしゃくなげの咲く土地を当時の星野村に寄贈された。その後、自治体が管理組合を通じて支援している。一方、俵山は、管理というほどたいしたことはしていないが、地域の協力者で草刈りなどをしている。作業中の山の中で倒れ、園の未来図の志半ばに金川さんは息を引き取った。近隣の者を俵山公民館と当法人が集めて、花柄摘みや草刈りを行う。開花時期は仮設トイレを設置し、駐車場誘導のための警備員を雇うが、財源は長門市の観光政策補助金に頼る。

ミヤシノシャクナゲ園管理組合視察


 里山ステーションを訪れた13名をホールに迎え、俵山公民館館長の中原さんが俵山しゃくなげ園の概略と管理の状況を説明した。星野村の方々の話を聞いて思ったのは、しゃくなげという花に対する風土が違う事だった。「長門市は他にもしゃくなげ園はあるのですか」の質問。星野村はミヤシノのほかに存在する。個人でしゃくなげを植える方がいて、しゃくなげの苗木を育て販売する方もいる。俵山の金川さんは独学で育て、苗木もつくり規模を拡大してこられた。視察団体を迎えるにあたり中原館長が調べたところ、ふた昔以上前に金川さんと数名が星野村へ視察に向かっていたという。それほど星野村のしゃくなげは歴史があるのだ。
 
 八女市はミヤシノのほかにもしゃくなげ園を管理している。長門市が俵山のしゃくなげ園を管理下に置くことはない。そこに風土の違いが見える。星野村の方々はしゃくなげの知識が深く、昼から現地を見て回りたくさんのことを教わった。和と洋のしゃくなげの違い、それぞれの管理の特徴、害虫の有無、しゃくなげ栽培に向く地質、地形である。知らない事ばかりだったから無知の恥をなるほどの相槌が追い越してしまった。片道3時間の道程をお越し下さって、とても恐縮しながらお見送りをした。土産に頂いた八女茶の上品な香りを楽しむたびに、この日の出会いを振りかえっている。
 
posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 18:59| 猿人ブログ

2024年02月13日

デマンドの使い方

デマンドの使い方.png


 2024年問題とは、旅客運送業に関わる運転手労働環境の改善に伴い、トラックやバスの運行計画に影響を及ぼすことの総称。ここにきて政府はライドシェアの緩和を検討対象に掲げている。お客様を乗せて有料で移動するサービスの選択肢が増える。自動車の2種免許の所持を義務とした旅客輸送の底辺は拡大する。国土交通省は10数年前からデマンド型交通の地方導入を進めてきた。これは運転手不足を補うものではなく、過疎地域を空車運行する赤字路線の補填に困窮した地方自治体の救済を目的とした。当法人は平成25年に俵山地域のデマンド運行を始めた。その時から10年以上たっても「デマンドって何?」は頻繁に問われる。タクシー(taxi)という英語は日本語になっている。どの世代でも使う単語として流用される。デマンド(demand)はカタカナ表記で使われることがあって、どういう意味なのか理解されないまま単語だけ彷徨っている。動詞のdemandは「要求する」。つまりデマンド交通を直訳すれば「要求交通」となる。日本語として馴染みのない四字熟語。

 「それはタクシーじゃないのか」

 これも毎回問われるフレーズのひとつ。タクシーと何が違うのだ。逆にタクシー業者を追い出しているのではないか。気の重い命題がいつもそこにある。デマンド型交通の導入は、旅客事業者を含めた協議体が設置されて、話し合いの末に決まった。だから、納得型の地方公共交通のくくりになるが、現実的な話をすれば「俵山から市街地病院までタクシーだと5000円かかる、デマンド交通は700円で行くのか」となる。価格差がありすぎて住民はタクシーを呼ばなくなる。無論、このような運行はルール上できないのだが、運賃だけを比較されるとタクシー業者は煮え湯を飲まされる。

 デマンド型交通を利用するには、いくつものルールがある。タクシーやバス事業者を保護するために当然のルールだが、これが一般には知られていない。それは複雑なルールではないが、タクシー事業者などを保護するためなのだという一面が利用者に理解されにくい。これまで、デマンド交通を案内するA4版のチラシは、テキストでルールを箇条書きしていた。それはチラシではなく、新聞のような体裁をしていた。チラッと見て理解されることがなかったと思う。そこで、今回のチラシは必要な情報だけ文字に起こした。ルールブックの無いチラシ。ルールはひとりひとりに伝えてゆこうと考えている。まず、興味を持って欲しい。利用せざるを得ない日が、いつか来るのだから。

俵山地区デマンド交通202402.png

posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 15:11| ゆうゆうグリーン俵山の取組み

2024年02月05日

俵山第1トンネル現場見学会

 俵山・豊田道路は、令和元年に開通した俵山北ICから豊田町一の俣温泉近くまでを結ぶ14キロの自動車道路。山間部だからトンネルをいくつも造ることになる。

 最初のトンネル工事は昨年7月頃から始まった。付近の世帯は説明会などが何度も開かれている。俵山に暮らしていても、郷地区以外の住民は工事の内容をほとんど知らないのだ。2月1日、長門市の計らいにより現場見学会が行われた。25名限定のお達しだったが当日は30名いたから締切後にわれもわれもと申し込みがあり断り切れなかったのだろう。俵山公民館に集合した住民をマイクロバスが現地まで運ぶ。県道から工事用道路に入ると勾配が急になった。現場の近くに墓地がある。その角度を人が登ってお参りしていたのだ。車窓の眺めに妙に感心しながらバスはゆっくりトンネル坑口へ向かう。

 視界が開けた場所が広がった。どれだけ削ればこの山に平らな場所が作れるのだろう。そこにはコンクリートを作る建屋、変電設備、湧水浄化槽などいろいろな設備がある。この現場は全長278メートルのトンネルを掘っている。安全祈願祭が終わった昨年9月から、本格的な掘削に着手し、この5カ月間で約200メートルの穴をあけた。全工程の3/4だ。作業は昼夜を問わず行っている。里山勤務が終わる20時過ぎに現場近くを車で走ると、ナイター照明の白銀色が背後の真っ暗な山を照らす。その時間は霧が昇り始めるから幻想的な冬の夜景が現れる。

 トンネルは1日、24時間の作業で数メートルの前進。1メートル掘っては半円状の壁をコンクリートで固めて枠をはめる。来る日も来る日のこの繰り返しなのだ。作業は複雑だが同じことを繰り返す。これまで労働災害事故は無いと聞いた。貫通まで気を抜かずに正確に、安全に行うという。大きな穴を開けるのだから建設機械は見たことのないスケールだった。大型ダンプのタイヤは直径が女性の身長より高い。タイヤの前で記念撮影をする地区民がいた。農業で使うトラクターやコンバインでも後方確認の視野が狭いのに、これだけの大型重機はどんなコックピットなのだと聞けば、AIによる人感知システムが搭載されていた。車両後方にいくつかカメラがついている。3メートル以内にヒトを検知すればアラートが発動してオペレーターに知らせる仕組みだ。

 道路を作るといってもいろんな工事がある。トンネル掘削、道路舗装、橋梁設置、そのための土地や土質の改良など。それを得意とする建設会社が各々の工事を受け持つ。今回見学した第1トンネルは佐藤工業と高橋工務店が掘削する。このトンネルに繋げるため、230メートルの橋が架かるが、それは別の工務店が受け持つ。全国各地からスペシャリストが工期の間だけ俵山に集結する。たとえが巧くないが、万国博覧会を見ているようだ。万博は永遠に続かない。終われば建造物はその土地のモニュメントとして残り、利用できる設備も多い。道路ができるというのは移動の快適さのほか、災害時のルート選択肢が増える。危険な箇所がないから安全に走行できる。俵山を通過する交通量が増えれば何かの化学反応に期待が膨らむ。

 このまま順調に掘り進めば貫通は3月。それまでのひと月余り、無事を祈るばかり。その後も俵山・豊田道路の工事は続く。この第1トンネルに携わる職人さんは、別の現場に向かうことになる。次の現場で俵山のことを僅かでも思い出してくれると嬉しい。里山ステーションの弁当のおかずの事でもいい。配達や集金に伺ったうちの職員の顔が浮かべばなおのこと。

posted by ゆうゆうグリーン俵山 at 12:27| 猿人ブログ