2011年04月30日

幻…の!?


201104302012000.jpg

本日、里山の「幻のそば屋」二日目。今日も大盛況!さらに「こいのぼりコーヒー」と銘打って、おいしいコーヒーとこれまたおいしいシュークリームのセットも登場。…でも、明日もあるかと聞かれたら「幻…」と名前がついているぐらいなので…。私にもわかりません(ごめんなさい)


新たにメニューが増えていたりなんかして…(;^_^A






2011年04月29日

目にも鮮やかな赤、黄色、そしてピンク


 俵山はしゃくなげが真っ盛りで多くのお客様にお越しいただいていますが、今の時期しゃくなげ以外にもたくさんの花が私たちの目を楽しませてくれています。今日は新緑もまぶしいすがすがしい青空が広がっていました。そんな中で、俵山に咲いている芝桜、菜の花、八重桜をご紹介します。


 里山では明日も”幻のそば屋”を開店しています。これらの花の場所を知りたい方はご案内します。是非とも里山へお寄りください。


NEC_0032


NEC_0035


NEC_0043





手打ち蕎麦営業中!


里山ステーション俵山ではこのゴールデンウィーク期間中手打ち蕎麦の営業を行っています。


温蕎麦(500円)、ざる蕎麦(500円)、俵山 山菜天ざる蕎麦(1日20食限定 1000円)をご用意しています。


(2011.4/29〜5/5 11時〜14時open)


俵山しゃくなげ園に割引券(-100円)を用意していますのでご来園いただいて、是非里山ステーション俵山で手打ち蕎麦をお召し上がり下さい。


里山ステーション俵山のこいのぼりも待っています。DSC00321





2011年04月28日

萩市明木からデイ交流


今日、里山ステーションに萩市明木より13名の昔は若かった方々が、来られました…。里山の前に石楠花園に行ってそれから、里山で昼食を取られた後、俵山しあわせくらぶの方と交流!折紙の傘を一緒に作ってお土産として帰られました。


明木2明木1





2011年04月27日

渋滞!?


皆さん 俵山シャクナゲ園には行かれましたか? 今朝の読売新聞と夕方のニュースでも紹介されてましたが見ごろを迎えたみたいです ゴールデンウイークには是非俵山に遊びに来て下さい。

(普段 渋滞がない俵山もゴールデンウイーク中は プチ渋滞が起こるかもかも〜)





俵山生活1年経過(その3)


前回まで俵山の魅力を『水』と『空気』に焦点をあててご案内しましたが、まあ正直なところ、


それだけなら他の地域にも自慢の種はいっぱいありますよね。


でも、1100年間も脈々と湧き出ている温泉があるとなると・・・ちょっと違ってきますよね。


今日はその温泉についてご報告しましょう。


温泉と言っても豪華で煌びやかな大温泉と違って、質素で素朴な銭湯のような温泉です。


大型バスが乗り入れる観光型温泉地ではなく、湯治を目的に来られたお客様や一日の


仕事を終えた地元の方々が身体と心を癒す憩い場です。


量より質、外見より中身、メイク顔より素顔(変な例えですが・・・)を重視される方には絶対


お勧めです。リウマチ・関節痛・腰痛等には町の湯、皮膚病等には白猿の湯がぴったりです。


加水・加温なしの100%かけ流しが自慢です。お湯に浸かった瞬間に肌がつるつるです。


ですから、俵山の女性は肌がスベスベの美人が多いのです。なんちゃって!!!


(国民保健温泉地に指定されていて、俵山病院と提携した保険療養型宿泊パックプランも


格安料金にてあります。 ご照会は→ рO837−29−0001 まで)


湯質は日本一です。と言うと、少しオーバーかも知れませんが、真実に近いと思います。


県内の人に、「俵山」と言うと、「ああ〜、俵山温泉の?」と必ず聞かれるほど知名度は


高いです。(余談:ネットで『俵山』と検索すると熊本県阿蘇郡が出てくる程ですから、


やはり俵山は温泉に特徴のある里山ですね) ご来訪をお待ちしています。


 (写真:昭和レトロ調の温泉旅館街の風景です)


温泉入口





2011年04月26日

こいのぼりと俵山しゃくなげ園♪


こんにちは。事務局かおりん☆です。


里山ステーションの前にな、なんとこいのぼりが・・・。


こいのぼり


しゃくなげ園にも行きましたが、とてもきれいでしたよ。まだまだ見頃です。


しゃくなげ園ピンクのシャクナゲ赤いしゃくなげ


しゃくなげ園の花がら摘み交流ツアーも募集中です。こちらもよろしくお願いします。





2011年04月25日

俵山しゃくなげ園はながら摘み交流ツアー


今年も「俵山しゃくなげ園」人気です。今年は寒かったせいかしゃくなげの開花が少し遅れて今だいぶ咲き出しました。お客さんも多いです。


ところで、来年もきれいなしゃくなげを咲かせるためには、花が枯れたあと花がらをつまないといけません。でも、俵山しゃくなげ園はとてーも広いので、金川のおじさん一人の手では無理です。


私たちも手伝いに行きますが、興味のある方、ぜひ「はながら摘み交流ツアー」参加してみませんか?大人お一人1000円ですが、昼食、温泉入浴券、そしてビンゴ大会【特賞はなんと俵山産の米5kg(2000円します)】までありますよ。5月28日(土)10時からです。皆さんお誘いあわせの上おいでくださいませ。詳しくはイベント情報に載せてますので、5月20日が締め切りです。


いっしょに楽しく青空の下いい汗を流しましょう。


あなたが花柄をつんだ木が来年きれいな花を咲かせるかどうかも楽しみですよ。





里山にプロカメラマン登場!!


kawarabann1


4月24日 温泉祭り2日目の朝 里山ステーションの活動の様子をプロのカメラマンが撮影に来られました。


急にもかかわらず、調理に携わったお母様方が快く撮影に応じて下さり、とてもいい写真が撮れたそうです。


このかわら版は東京等の新聞社にも送られるそうです。楽しみですね(^_-)





2011年04月22日

俵山生活1年経過(その2)


前回(4/15)は俵山の魅力を『水』と『空気』とお伝えしましたが、その『水』が


美味しい俵山米を作ります。(筆者注:私は転勤族で仙台に3年、新潟に4年


いましたが、俵山米は仙台ササニシキにも新潟コシヒカリにも絶対に負けない


美味しさです)


ここは東北・北陸と違い温暖な西国ですが、昼夜の寒暖の差がかなり激しく


お米の生育には最適なのでしょうか。


厳しい自然の中で育ち勝ち残った植物だからこそ美味しいのでしょうか?


これって、人間においても同様でしょうか?? 疾風に勁草を知る なんちゃって!


 次回のシリーズ3もお楽しみに!


田植え前の風景


    もうすぐ田植え。美味しい水を与えられ喜んでいる田んぼ。 (俵山 某所)