2011年03月30日

桜の便りは間もなくです


春は大寧寺峠で足踏みをしています。今日30日俵山温泉に春を呼ぶ照明器具が取り付けられました。俵山温泉第1駐車場には桜の開花を待ちわびソメイヨシノのライトアップLED照明が川向こうの岸辺に並ぶ桜を照射しようと待ちわびています。NPOの各位に桜の手入れをいただき開花が今か今かと・・・あと数日で夜間のお花見が楽しめることでしょう桜の便りは間もなくでしょう。”いやいや”桜より何より東北の震災に我々も義捐金を送り一日も早い復興をお祈りいたしょう。





2011年03月20日

no-title


猿人チャコチャンです。俵山は何事もなくいいですね。地震や津波の被災地を思うと心が痛みます。主人も福島原発で働いた事がありますのでとても気になります。早く復興することを願います。





2011年03月19日

俵山温泉祭り迫る


 東北地方の大震災に各地域でイベントの中止が発表されていますが、俵山温泉では予定通り開催いたします。イベントの自粛は検討いたしましたが地域の活性と他の方策にて被災地の支援をする覚悟であり実施を決定いたしました。また、今年は新たな試みとして4月24日(日)12時頃のスタート、30名限定の第1回「シャクナゲウオーク」距離約10kmで実施いたします。多くの方々のご参加を期待いたします。詳細については後日配信いたすつもりです。主催は俵山温泉合名会社&俵山温泉観光協議会


*昨日佐々木 渉君(研修生)と連絡が取れました。元気にしていますが実家にはまだ帰れないそうです。





2011年03月18日

卒業おめでとう!


今日長門市内各地の小学校では卒業式が行なわれました。


ここ俵山小学校でも行なわれ、私は来賓として出席させていただきましたが、とてもすばらしい式でした。私も少しうるうるしてしまいました。


今年の卒業生は12名で皆さん目がとても輝いていました。


今日の日を忘れず、感謝と夢と希望をもってがんばってほしいものです。


卒業、本当におめでとうございました。





2011年03月16日

ホワイトデー


我が家のホワイトデーのお返しは、お父ちゃんが消防団の旅行に行ったおみやげの純米濁り酒と何故か・・・北海道とうきびチョコでした(^^ゞ確か…。博多に行ったと思ったのに北海道(@_@)お父ちゃんは!どこ行ったのかな?でも、ありがとうね♪


御返し





2011年03月14日

3月も半分終わってしまいました。


昨日の合同学習会をすっかり忘れてしまっていた猿人ギュウギュウです。


今年は萩シーマートの駅長さんの中澤さかなさんが講師としてこられました。一度講演を聴いたことがあり是非参加したいと思っていたのですが・・・。完全に忘れておりました。残念です。年度末でばたばたとした毎日を過ごし用事をよく忘れている気がします。今後は気をつけようと思った一日でした。





ごめんなさい


私 大変な事をしてしまいました…

12日の おかん さんのブログを間違って 削除したみたいです ( ̄□ ̄;)!!

大変 申し訳ないです。

許して〜!

今週は 小学校の卒業式が行われ12名の子供達が巣立ちます(*^_^*)

我が家の長女も卒業です。 小学校入学をきに下関から俵山に帰って来て最初は不安でしたが 6年間 長女は小学校で伸び伸びと楽しく過ごせたみたいで 楽しかったと言ってます。これも地域の方や先生方のおかげだと思っています。 ありがとうございました。





2011年03月12日

俵山温泉環境整備


 俵山温泉街の竹林を伐採し跡地の環境整備にヤマザクラ・ドウダンツツジ・ヤマモミジ・イチョウ・アセビ・キョウチクトウ等五十数本の植栽を終える。ご奉仕いただいた皆様には厚く御礼申し上げます。全体像を皆様方にご披露する時期は十五年くらい先になると思いますが先ず今できることを実践することが一番大切と思います。先長い話とわ思いますが春のサクラから秋の紅葉を今から楽しみに・・・・本当にお疲れさまでした。最後に東北地方の大震災が一日も早い落ち着きが取り戻せますよう御祈念いたします・





2011年03月10日

卒業おめでとう


卒業今日は、中学校の卒業式でした


去年は大雪の影響で、俵山中だけ延期になったように記憶しておりますが、


今年はとてもいい天気でよかったですね(*^。^*)


卒業式終了後に、これまで一緒に過ごしてきた仲間達と楽しいひと時を


過ごされたようです。


帰るときには部屋の片づけも、挨拶もきちんとして帰っていきました。


さすが俵山っこ !  と感じました。


それぞれの新しい夢に向かって頑張ってほしいと思います。


 


 





2011年03月09日

つぶやき・・


里山ステーションの調理室には、開所時 鍋はおろかまな板、しゃもじなど調理具はそろっておらず買い揃えるところからスタートしました。調理室を使うにあたり、最低限度必要なものをそろえて、あとは借りたりしながらなんとか、まかなってきました。そんな中、いろんな方から「使わないから寄付するよ」とか「いいのがあったから買ってきたよ」などと みなさまの温か〜いお心遣いをいただき、だいぶん物もそろってきました。


毎日、いろんな方とお話しさせてもらう中で 励ましていただいたり、こうしたらいいよとアドバイスをもらったり、ほんとに人情のいい方ばかり。。。


このうちも山口市から来られた50名の団体の方にお出しするお料理に、初物の筍が取れたからと、食す前におもてなしする心使い。俵山の自然と温泉と人情とおいしい料理にとても満足しておられたご様子。温泉では今週末、俵山に来られるお客様のため景観つくりに斜面に植樹作業をされるそうです。日々忙しい中、次から次へと労をつくされる姿を近くで見てきて、頭が下がります。


NPOが設立し、ほとんどのことは「イエス」で受けてやってきました。それがこんにち注目を得ることに繋がったように思います。無理してでもやってきたその先に求めるものは 理事長曰く「俵山で育った子供たちがまた帰って来れるふるさとを残しておくこと」ということ でありそのふるさとはいつまでも「自然豊かで、いい温泉があり、おいしい食材にあふれ、人情味にあふれていてほしい」 と願いがんばっている訳で・・・・・